壽屋は山形県東根市で、食品添加物を一切使用しない安全安心な漬物や、山形の地酒を販売しています。

茜姫・もなか

2019.5.11 現在の茜姫は下記の通りとなっております。

●ひとつぶ(1粒の重さ20gくらい)…節田梅のこりわずか販売中
●大粒(1粒の重さ30gくらい)…南高梅・節田梅ともに完売
●特選大粒(1粒の重さ40gくらい)…南高梅・節田梅ともに完売
●極上(1粒の重さ50gくらい)…南高梅・節田梅ともに完売
詳しくはお電話にてお問い合わせください。TEL.0237-42-0173
●みくずれパックは節田梅で販売しております。大変人気があるために、製造が間に合わず品薄状態が続いております。GW期間中は、ご来店、通販(電話のみでの受付です)ともに、1日の販売数量を限定させていただいております。朝9時30分の開店から販売を開始いたします。なくなり次第終了でございます。どうぞご理解いただけますよう、お願いいたします。

商品一覧

次のページ >
78件 [ 57-78 ]

壽屋の逸品「茜姫」

地元、山形県東根市の完熟梅(節田種)を砂糖と自家製の本格醸造りんご酢で砂糖漬にしました。 太陽の恵みを存分にいただいて完熟した梅の自然の良さを充分に引き出すために、 食品添加物は一切使用せずに製造しました。 完熟梅のとろける甘露とさわやかな風味をお楽しみください。

茜姫をうむ、自然の力と繊細な手仕事。

果樹王国東根のさくらんぼとりんごの畑のかたすみでその昔から栽培されてきた節田梅。雪解け後の果樹園の中で真っ先にピンク色の花を咲かせます。開花から三ヶ月ほどで、お天とう様の恵みをたっぷり受けて丸々とした実が実ります。粒が大きいこと、皮がとても柔らかいことが特徴です。ぎりぎりまで樹の上で熟させて、黄色に色づいた所を収穫します。完熟し落ちる直前を見計らってのタイミングの勝負となるのが収穫作業です。
収穫されたものは、翌日には漬け込み作業に入ります。壽屋の漬物工場あげての大作業です。七月の猛暑の中、砂糖とりんご酢、ほんの少しの塩のみで丁寧に漬け込まれた茜姫は、八月九月十月とじっくりと時間を経て、漬け上がりの時を迎えます。漬け上がり後、茜姫は重さによって選別され、ひとつひとつ袋詰めされます。もちろん、全てが手仕事、繊細さが必要とされる作業です。自然の力と繊細な手仕事によって出来上がった茜姫。芳醇な甘みと酸味とともに、とろける食感をぜひご堪能ください。
梅の酸味は有機酸という生命活動には欠かせない酸で、食欲増進、胃腸の改善、肝機能の向上、疲労回復など様々な効果が期待されます。節田梅をまるごと丁寧に漬け込んで出来た茜姫。贈り物にぜひどうぞ。

茜姫と砂糖、師範のこだわり

壽屋の茜姫は、白砂糖を使用して漬け込んでおります。現在流通している砂糖の多くは、イオン交換樹脂法によって不純物が除かれて精製されるため、色が付くことがなく、白い砂糖が出来上がるのが自然な工程なのです。三温糖などにはカラメルを使用して着色している場合が多いため、壽屋ではあえて使用しておりません。


茜姫の冷蔵扱いについて

茜姫は「10℃以下で保存」を表示でもお願いしております。これは、15℃以上の所に長期間置いておくことにより 発酵してしまう恐れがあるためです。発酵してしまいますと、個包装の袋がぷっくりと膨らみ、アルコールのにおいがします。

では、15℃以上の所にどれぐらい置いておけば発酵してしまうのか?と言いますと、その状況が様々ございますので、一概には申し上げられない状況です。とはいえ、気温29℃程度まででしたら、1日2日ほどの常温でのお持ち歩きなどは、全く問題のない範囲であると考えられます。品質が落ちるというような心配もございません。

30℃もしくはそれ以上まで気温が上がるような場合で1日以上の持ち運びには、保冷剤などを一緒に入れて持ち運びいただければ安心でございますが、4〜5時間程度の持ち運びでしたら、こちらも特に問題はない範囲であると思っております。

発酵してしまいましても、アルコール発酵ですので、一旦袋から出して冷蔵庫で冷やし、発酵を落ち着かせれば、 召し上がっていただくことも可能でございます。

上記のような理由から、茜姫の発送は、5月から10月19日ごろまではクール便で、それ以外の期間は通常便での発送とさせていただいております。

なお、保存に関しましては、冷蔵庫内でお願いいたします。



おすすめ商品