壽屋は山形県東根市で、食品添加物を一切使用しない安全安心な漬物や、山形の地酒を販売しています。

漬物師範が語る、食品添加物を使用しない良い食品づくり。

当店の漬物は、磯部理念に基づきキャリーオーバーも含めて食品添加物は一切使用しておりません。

「無添加」表示について

当店では「無添加」の表示ではなく「食品添加物を一切使用しません」と表示しています。「無添加」と言う日本語は添加しない意味として用いられますが、何を添加しないのかが明確でありません。調味料である砂糖・塩・醤油なども添加すると表現します。

漬物の表示に於ては以前の表示法では防腐のための合成保存料と合成着色料及び合成甘味料の使用か否かを表示する義務のあった時代がありました。

その古い時代に、合成保存料・合成着色料・合成甘味料を使用していないことを無添加と表示した時代もありましたが、その後表示法が変わり一括表示となりました。

一括表示となった現在に於ては「無添加」の表示や表現は意味が不明なので漬物業界では自主規制しています。当店で「食品添加物は一切使用していません。」と表示しているのは、添加しない対照物が食品添加物であることを明確にするためです。

厚生労働省は食品添加物一覧表として指定(指定添加物436品目)していましたが、近年平成二十三年に法律を改定して、いわゆる天然添加物をも既存添加物(365品目)として食品添加物の中に入れています。

従って現在では梅干しのしそ葉での着色や昔から使われている紅花で黄色や紅に染めることなどもまとめて食品添加物といいます。

当店で使っている「食品添加物は一切使用しません」は、「化学的に製造されている化学調味料を始めとする食品添加物のなかの指定添加物は一切使用していません」と表示することがより正確なものと思います。

近くに食品の表示法が改定されて、これまでは農水省・厚労省・通産省・大蔵省などこれまでバラバラな食品表示が消費者庁で一本化される動きが出て参りました。お客さまにより解り易い表示になることも願っています。

また、現在の表示法では、漬物屋で醤油を使用した場合に、漬物屋では食品添加物を使用しなくとも醤油の製造元で防腐剤などの食品添加物を使用した場合にはキャリーオーバーと言って漬物の製品には表示する義務がありませんが、当店ではキャリーオーバーも含めて食品添加物(指定添加物436品目)は一切使用していません。

磯部理念に基づく食品づくり。

私達が研修している磯部理念に於ては、この食品添加物を次の三つの群に分類した考え方を適用しています。

先ずは、第一群です。食塩や砂糖などのように人類が何時使い始めたかも定かでないほどの古い歴史をもっているもので、人間の生理上からも必要とされる添加物です。

第二群は重曹・にがり・ワインの場合の亜硫酸などのように、既に数百年・或いは何千年の使用経験があり、必要性とその使用法にも精進している添加物です。

第三群は近代の食品工業が製造上の能率や量産の必要性から開発された比較的新しい食品添加物です。私達はこの第三群に属する食品添加物は味覚や品質上で必要不可欠なものはほとんどありません。

食品の本質に代わりのないことから第三群の食品添加物の使用は禁止しています。第二群についてもできるだけ使用しない、又は使用量を減らす方向に向かっています。



壽屋寿香蔵の方針


壽屋は、漬物製造の壽屋漬物道場と漬物・酒類販売の壽屋寿香蔵のふたつの有限会社で構成されています。

経営の根本理念は、
モラロジーに則った三方善の経営方針に添っています。三方善とは、相手良し、自分良し、社会良しの三方面が良いことを表現しています。

商いの方針は、
商業界ゼミナールの「店はお客さまのためにあります」の商業界精神に則って営業しています。

食品作りの方針は、
磯部晶策氏が提唱されているごまかしのない食品づくりの四条件・四原則を基本理念とし、使用している調味料を含めて食品添加物は一切使用しない安全安心な食品を製造しており、壽屋寿香蔵ではその商品を販売しています。

良い食品の四条件、四原則



良い食品の四条件、四原則に基づいた壽屋寿香蔵のお約束


▲壽屋のプロモーション動画です。



壽屋のお約束 四ヶ条

その一
万が一不良品・おいしくないと思われた時はお気に召すまで返品・交換を承ります。
そのニ
深く正しい商品知識を持ち、ご理解いただけるまで丁寧に説明させていただきます。
その三
お客さまの居心地のいい空間を作り、お客さまのご希望・ご要望を的確に察知します。
その四
お客さまのペースにのせさせていただく接客を心がけ、気持ちよい会話を楽しみます。

四ヶ条に込めた思い

【その一】
27年前に壽屋の通信販売を始めた際から一貫してお客さまにお約束しているこちらの事項を引き続き継承して参ります。

【その二】
壽屋は、磯部理念に基づいて実直に、真摯に発酵食品作りに取り組んでいます。その姿勢をお客さまにお伝えできるように深く、正しい商品知識を持ち、説明力を養って参ります。お客さまからのご質問にもしっかりと正しくお答えできますように、日々努力いたします。

【その三】
お客さまと接する店舗だけでなく、お電話口でも、お客さまが居心地よく感じていただけるように日々配慮して参ります。お客さまが求めていらっしゃる事、壽屋に、私たちに望んでいらっしゃる事を的確に察知し、お望みに叶う品、サービスが提供できるように精進いたします。

【その四】
人間はいろんな方がいるもの。話すのが速い方、ゆっくりな方、声の大きい方などなど、もちろん、その時の状況でも異なってきます。 その方の持ち味に合わせさせていただき、気持ちのよい会話が出来るよう、その中で楽しいやりとりが増えるよう心がけて参ります。

スタッフ一同、笑顔でみなさまのご来店をお待ちしております。