壽屋は山形県東根市で、食品添加物を一切使用しない安全安心な漬物や、山形の地酒を販売しています。

山形のうまいもの

「麦きり」は、山形県の日本海側庄内地方に伝わる「細切りのうどん」のこと。国産小麦を100%使用し、麺職人の巧の技で仕上げていますので、乾麺とは思えないツルツルとなめらかな食感は絶品です!

この麦きりのおススメの食べ方を壽屋3人娘が自信を持っておススメします!

スタッフ加藤:この玉谷製麺の「麦きり」を食べるのであれば、テンスイ醤油さんの「天水だし」。玉谷製麺さん、テンスイ醤油さんは、壽屋と一緒によい食品を作る会に所属して、磯部理念に基づいた食品添加物を使用しない食品作りを行っています。厳選された原材料と職人の技を活かして作った麦きりとめんつゆは抜群の相性です。どちらも力強さを感じられますので、食べた際に、満足感をしっかり感じることができますよ。

スタッフ飛渡:うちでは、ままけはとごま油を使って、ジャージャー麺風にしちゃいますよ。ままけはの辛みとごま油がマッチしてそれはそれは進みますよ! [→麦きりを使ったジャージャー麺レシピ]

で、この度、何種類かの胡麻油を食べ比べて、ままけはにベストマッチ!と壽屋スタッフが選び出したのが、これ!「九鬼特撰芳醇黒胡麻油」。厳選された黒胡麻を伝統的な製法で搾ったというだけあって、香りが芳醇♪さすが、胡麻油の老舗・九鬼産業が「特撰」と銘打って販売するだけのことはあります!


スタッフ荒川:ままけはに胡麻油ミックスして、ごはんにかけると前に流行った「食べるラー油」みたいな気分になりますよ。自分で胡麻油の量を調整できるので、油の取り過ぎ防止にもなる気がしてます。それから、なんと言っても壽屋のりんご酢!麦きりの最後のひとすすりの段階で、天水だしにぽたぽたとたらせば、風味も酸味もお互いを引き立て合いますよ! ジャージャー麺にかけてもおいしいでしょうね〜!

商品一覧

< 前のページ
次のページ >
5件 [ 1-5 ]




おすすめ商品