壽屋は山形県東根市で、食品添加物を一切使用しない安全安心な漬物や、山形の地酒を販売しています。

春の押し寿司

本格醸造りんご酢と漬物で作る、春の押し寿司

食材の持つ色や味をあざやかに引き出した漬物でつくる、見てうれしい 食べておいしい春の押し寿司。漬物には漬け込み段階で本格醸造りんご酢を 使用していますので、すし酢との相性も抜群です。

【材料】炊きたてのごはん(2合)本格醸造りんご酢(大さじ6)塩・砂糖(小さじ1)あ・わすっだけ(みょうが5本程度)紅花染めたくあん(3冂度)やーこん粕漬(3冂度)ひたし豆(5〜6粒)炒り卵(卵1個分)絹さや(材料はお好みで加減してください)

    【作り方】
  1. 使用済みの牛乳パック(1ℓ)をよく洗って乾かし、口を開いて、側面の1面を切り取る(押しフタとして使用)。口の部分を折りたたみ、テープなどで留めて長方形の型を作る。
  2. 本格醸造りんご酢に塩・砂糖を入れすし酢を作り、ごはんに混ぜ込みすし飯を作る。
  3. 「あ・わすっだけ」「紅花染めたくあん」を細かく刻む。飾り用の「あ・わすっだけ」は縦切りに、「やーこん粕漬」は1儚冂度に刻む。ひたし豆は汁を切っておく。絹さやは色よく塩茹でにし、炒り卵を作る。
  4. 内側をさっと水でぬらした型に3分の1のすし飯を敷き詰め、押しフタを使ってしっかり押す。その上に「あ・わすっだけ」を敷き詰めて押し、すし飯、紅花染めたくあん、すし飯の順に押していく。
  5. 中身の入った500mlのペットボトルを寝かせて重しをし、10分ほどおく。口の部分を留めたテープをはがし、他の辺を破いて側面をはがす。大きめの皿を逆さにしてかぶせ、型ごとひっくり返し寿司を取り出す。
  6. 「あ・わすっだけ」「やーこん粕漬」と炒り卵と絹さやを上に飾って出来上がり。

こちらの商品を使用しております。

商品一覧

< 前のページ
次のページ >
6件 [ 1-6 ]